白山神社(はくさんじんじゃ、しらやまじんじゃ)は、白山の神を祀る神社である。加賀国の白山比咩神社(現石川県白山市)を総本社とする。祭神は菊理媛神(白山比咩神)・伊弉諾尊・伊弉冉尊の3柱としているものが多い。

日本各地に2,700社あまりあるが、特に岐阜県・愛知県・石川県・新潟県・静岡県に多く分布する。東日本の被差別地区に白山神社が多く祀られており、その理由については諸説あり未詳であるが、一説には江戸浅草新町の矢野弾左衛門が信仰したことで広がったという。 中世には白山比咩神社の前身である白山寺白山本宮や、白山中宮長滝寺(美濃国)、霊応山平泉寺(越前国)が近江国比叡山延暦寺の末寺になっていたことから、天台宗や白山修験の普及とともに各地に勧請された。勧請元としては白山寺白山本宮(白山比咩神社)、白山中宮長滝寺、霊応山平泉寺が主で、長滝寺より勧請したものが最も多く、現在でも白山神社が最も多くあるのは岐阜県である。しかし、この3社のうち『延喜式神名帳』に記載されているのは白山比咩神社だけであるため、明治時代に白山比咩神社が「日本全国の白山神社の総本社」と認定され、各地の白山神社の多くは「白山比咩神社から勧請を受けた」というように由諸を書き換えた。

ページ上部へ戻る ↑