浅間神社(せんげんじんじゃ、あさまじんじゃ)は、富士信仰に基づいて富士山を神格化した浅間大神、乃至は浅間神を記紀神話に現れる木花咲耶姫命と見てこれを祀る神社で、中には木花咲耶姫命の父神である大山祇神や、姉神である磐長姫命を主祭神とするものもあり、それらを含めて日本各地に約1300社が鎮座するが、主として富士山麓を始めとしてその山容が眺められる地に多く所在する。富士山南麓の静岡県富士宮市に鎮座する富士山本宮浅間大社が総本宮とされる。




ページ上部へ戻る ↑