大鳥大社(おおとりたいしゃ)は大阪府堺市西区鳳に鎮座する神社。埼玉県の鷲宮神社と並んで全国の「大鳥信仰」の本社とされる[1]。式内社(名神大)、和泉国一宮で、旧社格は官幣大社(現、神社本庁の別表神社)。本殿は大鳥造という独自の古形式を保っている。


日本武尊(やまとたける の みこと)
大鳥連祖神(おおとりのむらじ の おやがみ)
元来の祭神は大鳥連の祖神であるらしかったが、一時期天照大神が祭神とされるようになった。「和泉国大鳥五社大明神并府中惣社八幡宮縁起」によると本地仏は釈迦如来となっている。その後、日本武尊が祭神と考えられるようになり、これが定着した。これは大鳥神社の「大鳥」という名称と日本武尊の魂が「白鳥」となって飛び立ったという神話が結び付けられたために起こった習合であると考えられる。

以来、長い間にわたって日本武尊を祭神としてきたが、1896年(明治29年)に政府の祭神考証の結果を受け内務省の指示により、大鳥連祖神に祭神を変更した。その後、1961年(昭和36年)に大鳥連祖神にくわえて、日本武尊を祀った。

大鳥連は中臣氏と同じく天児屋命を祖神としていたので、大鳥連祖神は天児屋命ということになる。

※各神の祭祀については、大鳥氏が単に一宮の神官であったというには、後世の倭武伝説を差し引いたにしても、その変遷ぶりには謎めいた部分も残っており、大鳥連の、領主あるいは神官という職業以外の何らかの役割を古代豪族社会で担った可能性も含め、今後も検証が必要と思われる。





ページ上部へ戻る ↑