西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社である。日本に約3500社ある、えびす神社の総本社(名称:「えびす宮総本社」)である。地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。


第一殿にえびす大神(西宮大神・蛭児命)を祀り主祭神とする。第二殿に天照大御神と大国主大神、第三殿に須佐之男大神を祀る。
祭神の蛭児命は伊弉諾岐命と伊弉諾美命との間に生まれた最初の子である。しかし不具であったため葦の舟に入れて流され、子の数には数えられなかった。ここまでは記紀神話に書かれている内容であり、その後の蛭児命がどうなったかは書かれていない。当社の社伝では、蛭児命は西宮に漂着し、「夷三郎殿」と称されて海を司る神として祀られたという。


創建時期は不明だが、平安時代には「えびす社」として当地で既に篤く信仰されていたことが記録に残っている。

西宮神社は、その成立において「南宮社」との関わりが深い。これは市内中部の、廣田神社を本宮と見て、その南に成立する廣田神社の摂社であった南宮神社から戎信仰が興ったとの説からである。廣田神社を篤く信仰する神祇伯の白川伯王家との関係から、たびたびその参詣を受けていた。また、梁塵秘抄には、諏訪大社、南宮大社、敢国神社と共に、廣田神社の末社が南宮として記載されている。現在も、祭神を豊玉姫として廣田神社摂社・南宮神社が西宮神社境内に鎮座する。なお、「西宮」という名称の起こりについては諸説あるが、えびす神を最初におまつりしていたと伝えられる鳴尾や古代の先進地域である津門から見て「西の方の宮」という説や京都から見て貴族の崇敬篤き廣田神社を含む神社群を指して「西宮」と称していたが、戎神信仰の隆盛と共に戎社を「西宮」と限定して呼ぶようになったという説などが有力。

神人として人形繰りの芸能集団「傀儡師」が境内の北隣に居住しており、全国を巡回し、えびす神の人形繰りを通してその神徳を説いたことにより、えびす信仰が全国に広まった。境内に祀られる百太夫神は傀儡師の神である。中世に商業機構が発展すると、海・漁業の神としてだけでなく、商売の神としても信仰されるようになった。江戸時代には、徳川家綱の寄進により本殿を再建し、また、全国に頒布していたえびす神の神像札の版権を幕府から得、隆盛した。

ページ上部へ戻る ↑