修験道の神である蔵王権現を祭る神社は、明治時代の神仏分離のときに、御嶽神社、金峰神社(金峯神社)、蔵王神社などと改称された。神道において、蔵王権現は「大己貴命、少彦名命」、「国常立尊、大己貴命、少彦名命」や、「安閑天皇(広国押建金日命)」、「金山毘古命」と習合し、同一視されたために、それらの神々を祭神とするようになった。なお、覚明、普寛が創始した木曽御嶽信仰に基づく神社は、上記と区別して「おんたけ じんじゃ」と呼ばれる。起源は蔵王権現信仰であるが別の信仰として分化している。

ページ上部へ戻る ↑